エステサロン

脇の脱毛と、岩盤浴を利用する為に大学生の時にエステサロンに通っていました。
脱毛6回コースで、何週間に1度、と決められたタイミングで行く形でした。

担当さんが決まっていたので、毎回行くと同じ人がやってくれるのでとても安心でしたし、もともとアレルギー(アトピー性皮膚炎)持ちで肌が凄く弱いので、赤外線脱毛はとても痛くて一番レベルの低いものでやって貰っていたのですが、ちゃんと毛量が減っていたので次に行くのが楽しみでした!

岩盤浴の方は、ドーム型の機械のものでした。首から上だけ外に出て、体が機械の中に入る感じのもので、寝転がっているとじわじわと温かくなるので凄く気持ち良かったです。
値段的には大学生のお財布には少々お高かったですが、満足感と充実感があったのを覚えています。

脱毛する事で、なんとなくですが腋臭があまりしなくなった気もしましたし、夏場に毎日のように剃らなくて良かったのはすごくらくちんでした。
上記の通り肌が弱かったので、カミソリをあまり使いたくなかったのもあり、冬ぐらいから初めて夏に向けて全部なくしてやるぞーという気持ちで通っていました。

さすがに一番微弱なものでやっていたので、全部なくなりはしなかったですし、残念ながら数年経った現在はまた毛が生えてきてしまっていますが、通って良かったなあと思っています。
あと、よくある勧誘系ですが、そればっかりはされました。肌に良い商品、というのをたくさん勧められた理しましたが、大学生のお財布事情を慮ってか、強引にはされなかったので本当に良いお姉さんに当たったのだなあと最近では思っております。

参考サイト※http://xn--ick8azb8395bps5a.com/

頭皮のかゆみ

最近、年齢とともに頭皮の衰えも気になってきました。肌と同じように乾燥しているせいなのかかゆみがひどいです。かゆくて知らず知らずのうちにポリポリ掻いてしまっていることがあり、黒っぽい服を着ていると頭皮の皮やフケが粉状になって肩についてることがあり、見たときはショックでした。

原因として考えられるのは頭皮の乾燥です。肌も年齢が上がるとともに水分量が減ったようで乾燥がひどくなりました。特に冬場は粉が吹くようになり、それと同時に頭皮も痒くなったのです。冬はマフラーやニット帽をしている日も多く、ムレもあるのかかゆみがひどくなります。かゆくてかきむしっていたらかさぶたになってしまいました。それでもかゆくて無意識にかいていることが多く、かさぶたから液が出てとびひしてしまい、頭全体がかゆくなったこともありました。薬局で頭皮のかゆみに効く薬を買ってしばらくつけていたら治ってきたのですが、治りかけもまたかゆくてついつい掻いてしまいます。爪で掻かないように気をつけて指の腹でやさしくかいていました。

シャンプーも今までのものでは合わない肌になったのかなと思い、色々と試してみました。痒いときは薬用のシャンプーを使い、対処していました。かゆみは我慢ができないので辛いです→頭皮かゆいシャンプー

保育園の先生になるのが夢でした

子どものころ保育園の先生に会うのが大好きでした。
その先生は、20代ぐらいの若い女性でいつもニコニコしていてとても優しかったのです。
当然ながら、みんなが先生のことが大好きでいつも先生の周りをたくさんの子が囲んでいました。
私は、両親と離れて生活するのが淋しくていつも泣いていたのですが、そんな時に先生がいつも抱っこしてくれたのを覚えています。
保育園時代の良い思い出のおかげで、いつしか私の夢は「保育園の先生になること」になりました。

高校を卒業後保育士の専門学校に通い、いろいろな勉強をしました→保育士未経験40代
実習では子供たちの純粋な笑顔に元気をもらいました。
子どもたちは本当に素直で目がキラキラしているんです。
大人の私たちが忘れているような気持ちを持っているので、子供と接するだけで心が癒されていくのを感じています。
保育士になるための勉強は多岐にわたり、時にはくじけそうにもなりましたが、そんな時は実習で見た子供たちの笑顔を思いだし乗り越えることができました。

この春からいよいよ、保育士として働くことになりました。
理想と現実は違うかもしれませんが、私なりに子供たちと接していこうと思います。
そして、いつか私も誰かに憧れられるような先生になりたいです。

転職サイトで時短転職

転職情報誌を買ってきてまずは仕事を探してみたのですが、あっちにもこっちにも付箋を立てたりして、その間に家の用事が入ってしまったりと、効率の悪さを感じました。そんな時に高校時代からの友人に「転職サイトの方が断然便利だよ。休日とか働く時間とか、職種とか、希望するものから逆引きができるからね。やってみたら」と勧められました。彼女との電話を切ってから、早速インターネットで転職サイトをみたら、彼女の言う通り。自分の条件から仕事を探すことができて本当に便利でした。そして検索で出てきた会社に、ネットで申し込むことができたたのも助かりました。これから履歴書を買ってきて、間違えがないように記入してと思っていたら気が重くなってしまったからです→タクシー求人東京

求人情報のサイトに載っている、人事担当者に直接メールをして、不明な点をメールで聞くことができたのもよかったです。面接の日程などもメールでやり取りすることができて、とてもスムーズにことが運びました。転職サイトで無事、転職することができましたが、情報誌をめくっていたらまだ決まっていなかったかもしません。転職サイトで時短転職、おすすめですよ。

結婚式

結婚式に行ってきました。結婚式って幸せを分けてもらえていいですよね。
今回、結婚式に行くにあたり、ワンピースを買いました。
結婚式ってお金かかりますよね。洋服はもちろんですが、ご祝儀もあるし。

そこで、今回はなるべくお金をかけないようにと、ネット通販で買う事にしました。
ネットだとサイズがわからないからという人多いですが、サイズ表を見て購入すると全然大丈夫です。
それに、小物系は通販サイトはいいですよ。

結婚式のワンピース参考サイト→結婚式ワンピースどこで買う

アクセやカバン、サンダルなんかはサイズもわかりやすいので通販で買うといいと思います。
更に、最近はパーティードレスのレンタルも多いので使ってみてはいかがでしょうか。
私は使った事がないのですが、良さげなワンッピースも多く、小物レンタルまでしてくれ、トータルで借りれるのがいいですよね。

結婚式用のドレスって使い道があまりないので、レンタルってのもありですよね。
それなら、予算もかなり安くおわりと思います。

自分が綺麗になって結婚式に出席するのもいですが、あくまでもメインは新郎新婦さん。
やっぱり、人生で一番きれいで輝いている時が結婚式なのかもしれませんね。

ベビーカー大嫌い、抱っこ大好き。

もうずっと昔のことになり、笑い話になっていますが、我が子はベビーカー大嫌い、抱っこ大好きで、大変でした。待ちに待った我が子だったこともあり、あぅと言っただけでどうしたの?と言って抱き上げ、もちろんだっこで寝かしつけていたので、それがたたったのだと思います。ベビーカーに乗せて、暫くすると背をそらして大泣きしておろして~と訴えるので、折角買ったベビーカーは荷物を運ぶためのカートと化しました。この状態に私はお手上げで、夫と一緒の時はまだしも、私一人の時は、どうして乗っていてくれないの?と随分いらだったものです。

今になって思うと、だっこできるのは短い期間です。そんなにベビーカーが嫌なら、だっこで良し!と覚悟を決めて、だっこできることを楽しめば良かったなと思います。そんなことも分からずに、他の子は座っていられるのにとイライラしたりして、本当にもったいないことをしました。我が子と同じように、ベビーカーが苦手で、抱っこが大好きというお子さんをお持ちの方、きっといることと思います。その状態はいずれ終わります。用意したベビーカーを本来の目的で使えないことは残念なことなのですが、是非抱っこをしてあげてください。それだけで赤ちゃんは大満足してくれます。

それと、大変だった事をもう一つ思い出しました。それは母乳が出なかった事です。完母に憧れ?みたいなのをもっていたので子供ができたら絶対そうしようと思っていました。でも、現実はそうもいかなく、中々でなかったんですね。そこで、色々な事を試してみました。母乳増えないという悩みの人はとっても多くネットでも色々な情報が出ています。結局、増えたと言えば増えたのですが・・・あまり気にせずにいた方がいいのかなというのが私の感想です。神経質になりすぎると逆に出なくなるような気がします。

うらやましい

子供の頃からくせ毛で、素直な髪質の人をうらやましく思ってきました。くせ毛が手伝って髪の量が「かさ増し」されていたような感じでしたが、社会人になった20代前半から、くせ毛が許せずストレートパーマをかけるようになりました。自分のお給料で気にせず髪にお金をかけて対処できるようになり、ストレスも軽減するようになりました。でもかけたパーマも持って1か月ほどで、それを過ぎるとくせ毛が顔を出すようになり、またストレスを感じるようになりました。

その後20代半ばくらいに縮毛矯正を初めて受けてから、その効果と持続にとても満足し感激した記憶があります。できる限り腕の良い美容師にお世話になりたいと思い、知人につてを求めたり評判の収集に熱心になったことがありました。でも自分の髪質では縮毛矯正でも半年持てば上出来で、季節ごとに一回のペースでかけるようになりました。髪へのダメージはないとは思っていませんでしたが、結果30歳になる頃には髪のボリュームが目に見えて少なくなってしまいました。特に頭のてっぺんの生え際が寂しくなってきて、40代目前の今では、怖くて縮毛矯正をかけることがもうできなくなりました→参考サイト「髪の量少ない

くせ毛でもたらされる不快感と髪の量の減りと、どちらが辛抱できるか天秤にかけて考えれば良かったと今さらですが思います。若い頃はおしゃれが先に立ちますから仕方がないのですが、今では髪の量がたっぷりあって、それをうっとうしがる人を見聞きするととてもうらやましく思います。くせ毛を必要以上に嫌ったツケは大きいなと後悔しています。

出来る限り

こんばんは。ブログはじめました。

前にもブログを書いていたことがあったんですが、放置しちゃって時間がたつので再度立ち上げてみました。文章を書くのは好きな方なのでなるべく続けていきたいと思います。とは言っても続けるのは難しいですよね( ;∀;)

日常ブログとしているので趣味のカメラらやジム通いの事など書いてみたいと思います。あと万年ダイエッターなのでそこらへんも書けたらなと思います。